りえぴよの気まぐれ飯°日記☆

食べることが一番幸せ・・・こんなんダメですかぁ?(;´Д`)?

Archives : 2006-10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∧PageTop


2006-10-31 (Tue)

大漁のにんじん様・・・アップルキャロット食パンに変身!

先日栗の渋皮煮を作ったときに栗を購入したスーパーの朝市。
その時にんじんも購入しまた。
こちらも詰め放題でなんと!

89円!

安い!
ビニール袋は20×12㌢くらいの小さめの袋でしたが、上ははみだしてても全然OKらしいので(その場にいたおばちゃんたちが言うには)、私も袋つめチャレンジ
一杯つめたるで~!
こんなときにまだ若いと思っててもおばちゃん根性が発揮されます(笑)
最近「激安」とか「節約」とか「本日限り」「数量限定」とかの言葉にむっちゃ弱いりえぴよです(笑)

出来るだけ細長いにんじんを選別し、下の細い部分と上の太い部分を交互に入れて、普通に袋からはみ出して(かごに入れた状態ですでにこぼれ出てた)レジにてお金を払い、うちに帰宅後何本入ったか数えてみると・・・

16本!!

快挙?!
整列!ピッ!!

20061031145538.jpg


「ね~見てみて!こんなににんじん詰めれてん!すごくない?」
と褒めてくれるかと思ってダンナに並べて見せたところ・・・

「俺は馬?!そんなにんじんばっかり食われへんで・・・」

このレスコメむっちゃ笑っちゃった!
・・・と、それもそうやなぁと納得。

ママ友に3本あげ、お義母さんに無理やり5本押し付け、それでもまだまだあるにんじんさま。
今日はパンもにんじん入りにしました。
私は今週は冷凍してあるベーグルとクロワッサンを食べようと思ってたので、これはもろに奎都用です
しっかり野菜を食べてからだの調子を整えなくっちゃね!

20061031145600.jpg


水分をリンゴジュースにしたので、自然な甘みがあり子供に優しいお味になりました
高さは出なかったけど、おいしいパンが焼き上がり、レシピはうちの定番化しそうです♪

追 記  "大漁のにんじん様・・・アップルキャロット食パンに変身!"



アップルキャロットパン

強力粉・・・・・・・・・・・・220g
イースト・・・・・・・・・・小1
砂糖・・・・・・・・・・・・・・15g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・3g
スキムミルク・・・・・・8g
バター・・・・・・・・・・・・20g
リンゴジュース・・・・130g
にんじん・・・・・・・・・・50g
(すりおろし少し汁気を絞ったもの)

ドライイーストの食パンふんわりコースで焼きました。

∧PageTop


2006-10-30 (Mon)

ついに!作っちゃいました!

先日実家に行ったときに食べた栗の渋皮煮。
私は作る工程を聞いて、めんどくさいので絶対自分で作ることはないと思ってました。
食べるの専門やわ~と豪語したし。

しかし。。。

土曜日に近所のスーパーの朝市に行ったところ、大きなころんと艶のある栗がネットに入って売ってるのが目に入りました
値段を見ると、なんと!

1袋390円!!

安くないですかぁ?
小粒ならアリかもしれませんが、結構大粒の栗だし私なりに安いと判断して、購入しました。
帰って量ったところ890gありました。

大粒の栗だし、栗ご飯にするだけじゃもったいないと思って、やっぱり渋皮煮を作ることにしました。
クロワッサンみたいに面倒なパンも作れたんだから、これくらい平気でしょと自分に言い聞かせて。。。

母にレシピをFAXで送ってもらい、夕方栗ご飯と晩御飯の支度と平行して、さっそく渋皮煮を作り始めました。

ゆでてから鬼皮をむく作業が大変でした
上からむくとむけにくいし手が痛くなるので、そこの部分を包丁でぐきぐきしてからむいてく方法にしました。
それでも軽く1時間位は栗と格闘してたもん
むいた後、軽く水洗いしてから重曹入れた水に漬けて、今日の作業はこれで終わり。

先に支度を済ました栗ご飯も炊き上がったことだし、晩御飯にしました
実は栗ご飯自体も結婚してから初めて自分で作りました。
去年もおととしもお義母さんに栗ご飯頂いてたので、自分で作る機会がなくって・・・

体にいい五穀米も入れて、五穀栗ご飯にしました

20061030145401.jpg


おかずは栗ご飯に合うような和食惣菜。
さわらの塩焼き、ほうれん草と豚肉のオイスターソース炒め、残り物の筑前煮、冷奴(今日は男前豆腐でなく商店街のお豆腐屋さんの絹)。
何故かお茶が真ん中にドスンといすわってますが、気にしないで~(笑)

20061030145418.jpg


初めて作った割りには上出来
水分がちょっと少なめだったかもしれないけど、べちょっとした炊き込み系ご飯は苦手なので、これくらいでちょうどいい感じでした
ダンナにも栗自体もあまくておいしいし、水分もちょうどいいし、味もしっかり付いてて文句なしと言われ有頂天に
でもそのかわり、さわらの塩加減が足りなくて物足りないといわれました・・・×××
奎都もがっつりと栗ご飯を食べてましたおかわりっ!って。
大きいメインのない、和食で見た目地味なお晩菜な晩御飯でしたが、しっかりと秋を味わい幸せになれました

日曜日の朝、おでかけ前に2日目の工程を終えまた一晩寝かせました。
そして今日最終的に煮あがった渋皮煮がこちら。

20061030145342.jpg


何回か湯でこぼすうちに栗が割れたり、潰れたりで何個か渋皮煮でなくなったものがありましたが、上等な大粒のものは全部生き残りました。
剥き方がよかったのかなぁ?(^^)

20061030145255.jpg


今日のおさんじに玄米茶と一緒に頂きました。
もちろん奎都のお昼寝中にひとりでこそっと!(笑)
小さい小粒の渋皮煮は若干硬かったり(栗自体が硬いのかも?)、渋皮がまだ残ってたせいか若干渋く感じたものの、大粒のものはしっかりと甘さも入ってしっとり極上のおいしさ♪

溶けました!!
とろけるおいしさってこのことを言うと思いますよ 

追 記  "ついに!作っちゃいました!"

栗の渋皮煮

栗・・・・・・・500g
重曹・・・・・3.5g
砂糖・・・・・350g
醤油・・・・・大1/2
塩・・・・・・・一つまみ

①栗を沸騰したお湯で3分茹で、鬼皮をむいて水にさらし、重曹を加えたたっぷりの水に一晩つける。
②①を水洗いし、鍋にかぶるくらいの水をいれてひと煮立ちさせて弱火で30分ほど茹でて、ゆでこぼす。
③2回ほど同じようにゆでこぼす。
④③をザルにあげ、荒熱が取れたら渋皮の筋を取り除き、水洗いする。
⑤鍋に④とかぶるくらいの水を入れ火にかけ、煮立ったらゆでこぼし、かぶるくらいの熱湯に砂糖を加えたて弱火にかけ30分煮て火からおろし、一晩おく。
⑥⑤を火にかけ、栗が温まったら取り出し、煮汁に醤油と塩を加えて半量になるまでに詰め、栗を戻しいれて5分ほど煮る。

*煮汁にずっと漬けていると渋くなるらしいので、取り除いた方がいいらしい。

五穀栗ご飯

米・・・・・・・・3カップ
五穀米・・・・一袋
栗・・・・・・・・300~350g位
みりん・・・・大1/2
酒・・・・・・・・大2
塩・・・・・・・・小3/4
醤油・・・・・・小1
だし汁・・・・3カップ位(お米に水入れた状態で3合分の水の目盛りを1/3位上位かな?)

∧PageTop


2006-10-27 (Fri)

ミルクパン

今日はe-パン工房さんのミルクロールを焼きました!

昨日のうちにこねて冷蔵発酵しておいた生地を成形(っていっても四角くスケッパーで切るだけ)して焼成。
今日もなかなかいいパンに仕上がりました

20061027150139.jpg


こないだ図書館でこんな本を発見しました。
新刊のところにおいてあったので、さっそく借りてきて見たんだけど、京阪神の遊ぶスポットを紹介していて、府民の森とか無料で利用できる公園などが紹介されていて、すごく良かったので、思わず購入もしてしまいました

家族でおでかけ日帰り京阪神 (’05-’06)


明日はこの本を見て、富田林にある錦織公園に行くつもりだったけど、中止になりました。
お弁当も作るぞ!と意気込んでソーセージやプチトマトも購入してたんですが。。。
奎都喘息の咳をしてるものだと思ってたら、またまた風邪も引いたようで熱が38.5度も出てしまいました
可愛そうに、咳だけじゃなく熱まで出て、顔も真っ赤か。
でも食欲はあるんですね~それが奎都のいいところ
今日は熱さましの頓服を飲んで「ひたすら寝る」感じでした(^_^.)
奎都は辛い=ママはまったりな一日でした。

∧PageTop


2006-10-27 (Fri)

リフレッシュ(*^▽^*)

日月火とまた実家に遊びにいってました。
ダンナが月イチで出張しくれるので、私も月イチで火事育児の小休憩があり、リフレッシュできていいわ~(^^)

実はうちの父、勤めてた会社が倒産して、今失業中です。。。
うちの父は今まで3つの会社に勤めました。
営業畑をずっと歩んできて、営業以外はあまりやりたくなさそうな感じです。
初めの会社は私が中学1年の頃に辞めて、転職。
このときはちゃんと少しですが退職金が出ました。
少ししてから前まで行ってた会社が倒産したということを風の頼りに聞き、早めに転職して正解だったねと家族で話し合ったのを覚えてます。
新しい会社も順調でした。
でも社長が亡くなり、息子が2代目として会社を運営するようになってから、少しずつ雲行きが怪しくなり、ちょうど私が入籍する年(3年前)になって倒産しました。
このとき、父は支店長で後処理を任され大変だったのにもかかわらず、退職金もその月の給料ももらえず、タダ働きでした。
そのときも父は52歳とかで実力はあるものの年齢から再就職が困難で、それでも横のつながりでなんとか私の結婚式の2週間くらい前になって、3つ目の会社に就職できました。
ボーナスは全くなく、それでもお給料も前の会社と同じくらいにはいただけるとのことで、がんばって勤めてたんだけど、この会社も先月末で倒産してしまいました。
10月6日付で解雇され、そして退職金はおろか9月分の給料も未払いのままです。
娘の私から見ても、すごく可愛そうな境遇ですが、うちの父は幸い前向きな人でした。

「奎都と遊ぶ時間が一杯あるなぁ(^^)」

だって。
とういうこともあって、ダンナの承認も得て実家に足しげく通うことにしました

火曜日は朝から信貴山の山腹にある公園に行ってきました
父が車で愛犬ロンを連れて散歩兼ハイキングにいく「山」の入り口付近にある公園で、奎都が滑り大大好きなので連れてきてくれました。
前までこんな綺麗に整備されてなかったんだけど、最近(ここ2・3年)滑り台やベンチなど整えられ、お弁当を食べたりする人もいて、地元の人が知ってる隠れ家的な公園らしいです

さっそく奎都は元気に滑り台の方に行ってしましました。
普段の公園の滑り台とは違って、山の傾斜を利用しての滑り台で高さもあるし、長さもはるかに長い。
スピードが出すぎて頭ゴツンとか打ったり、横に吹っ飛んだりしないかしらと不安になりました。
さすがにひとりで滑らすのはまだ早いかと思っていたんですが。。。

20061027151416.jpg


思ったもののもう遅く、ジイジは手を離してひとりで滑らしてしまってました。
でも、奎都は手を前に出してバランスをとりながら上手に滑ってきました。
かなり得意気
10回くらい滑ったかもしれない。。。

大興奮だったし帰ったら、即寝るわと思ってたのに、うちの母が失敗をおかしてしまい、大泣きで大変でした。
奎都の肌身離さず持ってるモーフを、公園に行ってる間に洗ってしまったんです

「引きずってるから汚いかと思って・・・」

奎都は眠たいのに、モーフがないと寝られへん!あれを返して!!とわんわん泣くし、他のタオルやブランケットを渡してもあれじゃないとあかんと指さしながららちが明かない状況。
仕方ないので、ドライヤーで洗ったばかりのモーフを乾かし、奎都に渡すとやっとのことで寝ました
余計な疲れが出ました。。。はぁ。。。

そして鬼のいぬまに、おさんじ
お母さんが友達にレシピを教えてもらって、初めて作った栗の渋皮煮を頂きました
栗はお父さんが枚方の方にひとり散策に出て、地元で買ってきた大きな栗は普通に栗ご飯にしてもすごく味が良かったらしいです。
栗をむいたり、何度も湯でこぼしたり、手間をかけて作った渋皮煮は栗自体がおいしいのとの相乗効果で、本当においしかったです

私もレシピ教えてもらったけど、工程見てたら到底やる気になりません
やっぱ食べる専門ですよね!

20061027151429.jpg

∧PageTop


2006-10-26 (Thu)

喘息と新作プリン

子供が夜寝る頃になると咳が出て真っ赤になってこほこほするので、気になって小児科に行ってきました。
シンガポール旅行に行く1週間前に風邪引いて病院に行ったので、月がまたがってないので同じ病院で診てもらいました。
大阪府は乳幼児医療証があると、1回目は500円の治療費で2回目も500円、3回目以降はタダになるんです。
咳もかなり長引きそうだと思って、同じ小児科に行ったところ先生はすぐに血液検査をしてくれました
奎都は予防接種はしたことがあっても、まだ血液検査はしたことなく(血液型も不明)、注射をする時にわんわんと大声で泣いてました

その日に結果の分かった血液中の白血球やらの数値は正常だったんですが、アレルギーと喘息の検査もするということで、火曜日に検査結果を聞きに行きました。
結果はクロ
アレルギーの反応があきらかに出てました。
ハウスダスト、ダニ、卵白のアレルギーがあるみたいで、アトピーだったようです。
喘息の気もあるみたいでした。
卵白も数値として出ても、食べてもなんともない子もいるようで、奎都はなんともないので今まで同様食べてもOKらしいんですが・・・
うちの子がアレルギーを持ってるとは、なんとも微妙にショックでした
私は若干花粉症だしハウスダストとダニ、スギ、ヒノキ、イヌネコヒョウヒのアレルギーがあり、小さい頃アトピーもあったから、子供も出ても当たり前だとは思ってたけど、いざそうなると複雑な気持ちですね

初めの薬では咳が治まらなかったので、火曜日は違う薬を処方してもらいましたが、こちらの方が体に合ってないのか、なんだか咳がひどくなってる気がします。
昔ながらの方法ですが、ベポラップをぬってあげるとましになるよと、ママ友から聞いたので、薬局で買ってこようかなぁ~。。。

実は私も1ヶ月近く前から咳が出て止まりません。
こほこほと乾いたような咳が出るし、周りでも気管支炎になってる方がちらほら。
気になるので私も診てもらったほうがいいのかなぁ。
とりあえずまた金曜日にまた病院に行くことにします。。。

帰りに甘いものが食べたくなって買ってきたプリン。
市販のものも、お店のものも新作に弱いりえぴよです

20061026220314.jpg


私はマロンの方をチョイス。
ってか、ダンナはいたって普通のプリンが好きなので、マロンが残るの分かてて、「どっちがいい?」と一応聞いてあげたって感じです(笑)

はい、お口あ~んして

20061026220331.jpg


その名の通りとろとろのふわふわ濃厚プリンで、むっちゃおいしかったです。
マロンもちゃんとマロンっていう力強い味と香りで、私好みな味でした
108円の特売でその上、タイムサービスでプリン・ゼリー商品が3割引きだったので120円くらいのプリンが75円で買えました。
お腹にもお財布にも優しかったで~す!

∧PageTop


2006-10-25 (Wed)

深夜の宿題と濃厚カスタードプリン♪

土曜日。
パン教室から帰ってすぐ、奎都と戯れるのもつかの間、申し訳ないけどママは忙しいのだぁ!と、宿題のクロワッサンに取り掛かりました。
1次発酵もいい具合に終了してたので、さっさと始めていかないと、ほんまに焼き上がりが深夜になってしまう
1回クロワッサンを焼いて疲れた体に鞭打って、働きました

折込むバターは宿題の方は冷凍庫に秘蔵のカルピス発酵バターがあったので、こちらを使うことにしました。
角切りにするのが冷凍だったために、むっちゃ硬くて辛い作業になりました。
そして、ガス抜きした生地に1回目のバターを折込む。

アイタ~っ!

冷凍してたバターだから、角切りが全然薄くならないの!!
薄くしようと麺棒で力を一杯入れて押したら、生地が破れまくり!!!
伸ばす時にバターが出てくる以前の問題だわ
あたふたと粉をふりふりっ

もうどうしようもないので、とりあえず破れかぶれで作業を進め続けました。
冷蔵庫で1時間、折込んでまた30分冷蔵、さらに折込んで30分冷蔵、最後に折込んで成形前なので1時間冷蔵。
むっちゃ気の遠くなる作業でした

おまけに冷蔵庫に入れて生地を休ます間に、夕飯作り
頂き物のローストビーフ、阪急で帰りに4匹315円でgetした銀鮭、大根サラダ、小松菜と鶏のGスープをちゃっちゃっと用意しました。
いつもパン教室の日は疲れて帰ってきてるから、外食しようと言ってくれて、くら寿司に行くことが多いんだけど、今回は却下。
冷蔵庫に入れたり待ち時間があったりなので、面倒でもおうちでご飯するほうが効率がいい気がしたので、がんばりました
食べてすぐ折込して、食器洗いして、お風呂はいってからまた折込という具合に結構流れるように作業できたんですが、それでも2次発酵まで行き着くのが9時半すぎ。
成形はバターが溶けるとあかんし、まさに「時間との勝負」でした。
でも先生と一緒に成形するんじゃなくて、自分ひとりで復習。
どうやったけと思い出しながらなので、もたもたしてたら案の定生地が柔かくなっててふにゃっとした形になってしましました
クロワッサンの2等辺三角形を切った後に残った端っこの微妙な生地にはチョコを挟んでチョコパイにしてみました
サンマルクカフェの定番チョコクロを想像しながら、形は量り売りのパイ。
そうそう!昔私が「青い麦」でバイトをしてた時に、さつまいもとマロンとかぼちゃのパイの量り売りがあったわ!
今ふと思い出したけど、その形のデカバージョンみたい

2次発酵は1時間、焼きに20分くらいかかり、結局焼きあがってクーラー台に並べられたのは次の日に差し掛かりそうな時間でした

20061024212434.jpg

20061024212631.jpg


見た目は普通にクロワッサンみたいですが、やっぱり皮がパリパリっと元気よくはがれる感じではありません
教室で先生にみてもらいながら作ったクロワッサンとは、素人目で見ても明らかに違ったクロワッサンになってしまいました
やっぱり折込むときに生地をさすがに破りすぎたせいだわ・・・。
冷凍バターは失敗だった!!
断面切って写真に残しておけば違いがめっちゃ分かるけど、宿題の方のクロワッサンはちょっと目の詰まった感じでした。
なんていうか、ミスドのパイ生地(ハム卵)みたいな生地。
パリッとはするけども若干しっとりしてる感じっていったら分かるかなぁ??
先生と一緒に焼いた方はパリとかのおいしいパン屋さんのようなパリパリな皮のクロワッサン。

なんかくやしい~!!!
深夜までかかって、必死でがんばって作ったクロワッサンが失敗だなんて~!!!
このままで終わるのはなんかいやだぁ
絶対リベンジするべき・・・でも面倒だし・・・あ~気持ちが悪い
リベンジするかもしれませんが、とりあえず今はクロワッサンはいいかなぁ。。。
今日もおいしいからと言ってクロワッサンを食べ過ぎたからか、吹き出物が大量発生してるし、危険な状態なので、バター&チョコは当分禁止しないといけなさそうな感じなので。
でもうん、気が向いたらまた作ってみたいかも。。。
ほんまに気がむくときがあるんだろうか。。。自分に負け続けそうな。。。

日曜日の朝は先生のおいしい方のクロワッサンをハム卵サンドにして頂きました

20061026001303.jpg


もちろん熱いカフェオレとともに
お金持ちの家のモーニングって感じで優雅な朝食でした
味?そんなの決まってますわ~。

最高!!

そしておやつにはクックパドで見つけたころちさんの濃厚カスタードプリンを作ってみました。

20061024212508.jpg


卵も全卵使用するし、フライパンに水を張って作るので、オーブンも蒸し器もいらないプリンだったので、作り初めから出来上がりまで30分もかかりませんでした。
ほんまに簡単に作れました
濃厚カスタードって感じなのかは分からないけど、昔なつかしのプリンンっていう感じでおいしかったです♪
生クリームを入れてとろとろのプリンにするのもいいけど、たまにはこんな味もいいね!!

∧PageTop


2006-10-23 (Mon)

苦ロワッサン★デビュー(T0T)

土曜日は月イチのパン教室の日でした
居残りだし、成形も大変そうだし、宿題も夜更かし決定だし~・・・と思って逃げたかったけど、逃げれない、避けて通れない課題!

クロワッサンの日です。

クロワッサンは自分でも作ったことが全くなく、初めてのチャレンジ!
イーストでさえバターの折込み作業で、根気と時間のかかるパンなのに、これを酵母でするなんて気の遠くなるような、超大変な作業です

クロワッサンを作る人は今回3人。
3人だけ皆よりも先に生地の折込み作業を始めます。
初めに先生が用意してくれた1時発酵、ガス抜き、バターを入れて1回目の折込みをした生地を薄く延ばして3つ折りにしました。

普通クロワッサンにはシート状のバターを折り込んで層を作っていくと思います。
でも先生のクロワッサンは2センチ位の角きりバターを生地に直接ぼんぼんと6個くらい置いて折りたたみ、伸ばしてさらにバターを6個くらい置いて、折りたたんで行くという簡単でうまく出来る作り方でした
シート状にするとシートが初めから薄いので麺棒で伸ばすときに初心者は層を壊してしまうらしいです

生地を伸ばして三つ折り。
そして冷蔵庫に30分冷やす。
冷蔵庫に入れては出し、伸ばし、またしまう・・・地道な戦いでした。

他の種類のパン作りの人たちが成形中、私たちは待機。
終了後、オマケのレシピを作り始めました。
今月はマロンの秋色ケーキです

20061022221945.jpg


このマロンケーキの生地にはラム酒とマロンペーストがたっぷり!
そして栗がごろごろ!!
マロンペーストは硬くて扱いにくらしいんだけど、味がすごくいいということで、サバトンのものを使用しています。
先生のこだわりの一品だけあって、舐めてみるとすごく濃厚でおいしかったです

63ea66d7.jpg


そしてこちらは今日先生の焼いてくれたいつもながら素晴らし~いパンさま!!

20061021225326.jpg


ベーコンエピ、クロワッサン、フランスパン、ゴマフランス、クランベリー&クルミのパン
クランベリー&クルミのパンは初めに教えてもらったレーズンのころころパンのレシピと同じで中の具を変えただけのパンだそう。
今日の私はヒットはこれ

宿題用の生地をこねてから、TeaTime
そうそう、今日はラッキーなことに先生の焼いてくれたパンともう1個おいしいパンにありつくことが出来ました!
教室にきていた方の旦那さんがフランスに出張に行ってて、おみやげとして購入してこられたポワラーヌのパン・ド・カンパーニュも頂きました

冷凍のカンパーニュは日本でも買うことが出来ますが、すごくお高いです!!
現地で買うと少し安いけどそれでもイイお値段しはるそう。
皆さんパンはその日に食べる分を小分けで買っていかれるみたいで、カンパーニュ1個を丸ごと買う人はいないそうです。
だけどこの方の旦那さんは大~きなカンパーニュ2個を買ってこられ、1個はスーツケースにしまいこみ、1個は手荷物で持って帰ってこられたそうです。
すごい根性ですよね~
奥さん愛されてる証拠だわきっと。
それにそのうちの丸々1個を先生におすそ分けしちゃうなんて、なんて太っ腹なの
夫婦そろっていい人なんだわ。

ついついパンのお話に聞きほれてたので、写真に撮るのを忘れてしまったのが悔やまれてなりません…
お味ですが、酸味のあるパンでモッツアレラチーズとトマトを乗せてかぶりついたら絶対おいしいだろうなぁと思いました
パンだけで食べてたら少しくせが強いので好き嫌いがありそうだけど。。。

せっかくのおいしいパンに囲まれてゆっくりお茶してたかったけど、クロワッサンチームはそうもいきません。
仕事仕事!働け働け~という感じでせかせか成形作業に取り掛かりました

薄く生地を長方形に均一に延ばして、二等辺三角形に切っていきました。
今回は生地を75g程度にしました。
切込みを2・3センチ入れてくるくると巻いていく作業。
形を綺麗にしようと思うんだけど不器用なりえぴよなのでまちまちな不揃いクロワッサンです。

他の方のパンが焼きに入った頃に、クロワッサンの成形が終わるので、そこから2次発酵に入るので、居残りです。
他の方とはさようならして2次発酵待ち。
先生を含めた4人でおしゃべりの時間になりました。
パンの話や、たまたま3人とも2・3歳の子供がいたので、子供の幼稚園のこととか育児の話に花を咲かせました。
それでも待ち時間はそれなりに長かったです。

やっとの思いで焼き上げたクロワッサンはこちらです!!
力作!奮闘!!入魂の一手!!!

20061021225351.jpg


20061021225409.jpg


やっぱりクロワッサンは焼き立てを味あわないと!と、つまみ食い

おいし~!!!

中はサクッ
だけど、軽すぎない歯ざわり
酵母のパンだけどどっちりしでもなく、あくまでサクっとです!
イーストのクロワッサンは皮がパリッとしてて、はがれる感じで引くと巻きがはがれる感じ。
酵母のパンは皮ははがれるけど中身は出てこない…そんな感じの、全然違うクロワッサンでした
とにかく、私も酵母のクロワッサン自体もはじめて食べたけどすごく理想のクロワッサンの食感でした

でも余韻に浸ってる時間もなく、あら熱が取れたらビニール袋へ入れずに、直接紙袋にクロワッサンを詰め、あいさつもそこそこに急いで帰り支度、帰宅。
っていうのもいつも教室が終了するのは3時過ぎ。
でも今日は5時前になってました。

今日はクロワッサンで成形時間がかかるし、遅くなるけどごめんね…とは言ってきたけど、けいととお留守番してるダンナに申し訳ないなぁとも思いながら
帰宅すると、なんのなんの。
けいととパパはちゃんとお留守番できてました。
一日公園に行ったりけいとと過ごすのって楽しいなぁまで言ってくれて、私は安心&感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ありがとう!!

∧PageTop


2006-10-21 (Sat)

ベビーカー族ぶいんぶい~ん☆動物園に出発!

秋空のいいお天気が続いてます
今週は病院に行ったりと色々と忙しく、ブログの更新がトロトロと遅れ遅れになってます。。。

18日の木曜日、近所のマンションに住んでいるママ友総勢6名で天王寺動物園に行ってきました

朝からお弁当を持ってはりきって、といいたいところでしたが、子供の月齢もマチマチなのでお昼寝タイムもソレゾレ。
午前中からの出発はあきらめ、午後からの出発でした。

奎都はいつもは午前中は公園遊びして、12時頃お昼ごはんを食べずにお昼寝するんですが、待ち合せの集合時間は13時
微妙に熟睡中な時間なんですけど・・・
いつもより30分早く寝かしたものの、やっぱり起きず。
10分前のぎりぎりで起こしてぐずぐずモード全快だったけど、とりあえず連行しました
最後から2番目に駅に到着!
ご飯を食べさせてなかったので、ツナの巻き寿司を持参。
だけど、皆もやっぱりご飯の時間を取れなかったので、パンや離乳食を持参してました。
良かった~(^^ゞ

うちから天王寺動物園へは電車で5分と徒歩10分くらいで着きます
6名のうち私も含めて5名がベビーカーでの参加でした。
うちのダンナが言うには
「立派なベビーカー暴走族」
だそう(笑)
道を占領してるつもりはないけど、そうともいうわなぁ(笑)

天王寺動物園はサバンナゾーンとしてライオンとシマウマ、キリンなどが移動し、新しくなったということで話題になってました。
私も今年の4月に来たときはまだ改装中でテントが張ってあり、キリンが見れませんでした。
一応、皆この新しいサバンナゾーンを見たいということできたので、メインは後からということで、右回りで進みました。

まず子供たちが遭遇したのがゴリラとオラウータン
奎都も4月にきたときよりも成長して、動物への興味も一段と持ってじっと見たり、指差したり興味津々でした(^^)
それに同じような年齢の子供たちだし、同じものを見て共感してるって感じかなぁ?
家族だけで行くのとはまた違った表情のような気がしました☆

象さんのところで、集合記念写真
6名+子供6名の大所帯なのに、「象も入れて下さい!」という私の注文に
写真を快く引き受けてくれた方・・・感謝感謝!

そして早々ですが、ベンチで子供たちの軽食&おやつタイム
おこぼれにあやかろうと鳩さんもやってきました
奎都は太巻き片手に、クッキーを食べ、その上他の子のおやつにも目が行ってました(笑)
相変わらずの食い気
動物園いかんでもここに豚さんが!!

20061021224902.jpg


白くまを見るときに、最初に落ちたのは8ヶ月こたろうくん。
ちょっとグズグズかなぁと思ってたら、ママの抱っこで気持ちよくすやすや

今回の6名の子供たち。
一番上が1歳7ヶ月♀、2番目が1歳6ヶ月♂、そして奎都1歳5ヶ月、そして1歳4ヶ月♀、10ヶ月♂、8ヶ月♂。
やっぱり、1歳すぎと0歳の違いは赤ちゃんと子供という違いかなぁ
1歳代は皆歩くし、園内でもベビーカーから降りて、てくてくひとりで歩いてたし、元気でした。
奎都はひとりで先にどっかいっちゃうような子供じゃないみたいなので、手はつながないけど(つながしてくれない)一緒に歩いてました
ゆかこちゃんだけはぴゃーといなくなっちゃうので、ママはそのたびに追っかけていって大変そうでした

次に寝ちゃったのが知香ちゃん。
知香ちゃんはベビーカーに乗りたがらないのでいつも抱っこか、自分で歩くかでの外出だそう。
今回も唯一ベビーカーじゃなかったんだけど、ゆかこちゃんののベビーカーが空いてたので、借りてねんねしてました
いつもはまだまだ生ける口な彼女ですが、午前中にアレルギーの検査で病院に行ったりしてお昼寝する時間がなかったらしいです。

コアラを見て、トラ、カモシカ。
20061021224940.jpg


サイ。
ちょうど4時ごろになってたので、園内の動物達のお食事タイム
サイの餌は枝ごとの葉っぱと、さつまいもでした。
こんな間近で見たのは初めてかも
サイの目って耳の下くらいにあると思ってたけど、結構下についてるんだね~知らなかったぁ

20061021224957.jpg


午後から来園したので、あっという間に夕方になっちゃいました。
最近は5時半過ぎたら真っ暗になっちゃうので、5時頃帰ることにしました。
ゲート前の花壇がコスモスが綺麗だったので、最後に
0歳児と並ぶと、奎都もすっかりお兄ちゃんに見えるわ
それにスマートかもね!!

20061021225020.jpg


帰りに皆で近鉄百貨店のベビールームでオムツ替え
それから解散になりました。
私ははるきくんのママと同じ7階でやってた北海道物産展に行きました。
今日が物産展は最終日だったので5時半位だったからか叩き売りみたいな感じで値下げ続出でした!
私はカニとかウニとか海鮮ものはダメなので買いませんでしたが、タラバの一杯入った海鮮弁当が1400円→700円で、はるくんママがGETしてました
私はカマンベールチーズコロッケとジャガバタコロッケを1個180円→4個で500円でGET
それに牛乳プリンを280円→200円で買ってさらにウハウハ

疲れたけど、すごく楽しかったです
ママと子供たちだけの、そして大勢の子供たちでの初めての遠足。
昼寝も全くせずで疲れきって、奎都は8時半に寝たんだけど翌朝9時半まで寝てました(笑)
こんな寝たのは初めてじゃないかしら??

そして今回欠席だった2名がいるので、また次の企画を練らないとね~
つぎはどこ行くかなぁ。。。

∧PageTop


2006-10-20 (Fri)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その4~

2日目の午後のセントーサ島観光からカメラの電池がなくなったので、使い捨てカメラになりました
使い捨てだと、ブログに写真をアップできないので旅行日記もおしまいにしちゃいます。。。
そろそろ見てくださってる優しい方も飽きるはずだし~(^^ゞ

3日目はシンガポールの国境をバスで越え、マレーシアのジョホール・バールに行きました。
国境を越える為の税関で、出国手続きをするんだけど、ガイドさんが奎都の出国カードを書き間違えてたので、英語で「なんとか!」って言われて、超焦りました
結論から言うと、パスポートの有効期限の欄に生年月日を書いていたみたいです。
でもそんなん言われても分からんし、マレーシアの国境で奎都とふたり残される私はどうしたらいいの?!って感じでむっちゃ不安だったよ~(-_-;)
ガイドさん頼むよ~ほんま!!

ジョホールバールはシンガポールと違って、ちょっと汚くて田舎な感じがしました。
マレーシアはイスラム圏だし雰囲気も全然違てました。

ジョホール・バルの王宮を見たり、モスクを見たり、民族村でのショーを見たり。
民族村でのショーは奎都もノリノリで手を振って踊ってました(笑)
お腹も若干ですがすいてきた頃にランチタイム
マレーシアでのランチはホテルでマレー料理のビュッフェでした。
バナナのフリッター(名前忘れました)や、カレーがおいしかったです。
でもちょっと癖が強いので、ダンナはあまり好みではなかったみたいです。
うちのダンナはおかんカレーが好きな人なので(笑)

午後イチでシンガポールに帰国。
帰国の際も税関でひと悶着ありました!!
奎都をだっこして、パスポートを提示したんですが、税関の人(若そうなお兄さん)が私と奎都を見て「なんとか?」って聞かれてあせあせ(+_+;)
英語がさっぱりな人間には、早口な英語だとさらに何言ってんのかさっぱりわからんねんもん!
え?!なになに?!と私があせってたら、もういいわ~みたいな手振りでパスポートを返されました。
で、あとで冷静に考えると。。。

「Your baby?Realy??」

「あなたの赤ちゃんなの?ほんとに?」

と聞かれたんだと発覚。
奎都が私の子供に見えなかったってこと。
若く見えたのかしら~?(^^)

シンガポールに帰国後はカヤトーストを食べに行きました。
ランチのすぐ後だったので、あまりお腹が減ってなかったけど。。。

カヤはココナッツのことでようするにココナッツジャムです
蜂蜜も入ってるのかなぁ??
カヤトーストは、食パンの上にジャムがぬってるだけのただのトーストだと思ってたけど、私の想像とはちょっと違ってました。
薄切りの食パンにカヤジャムと角切りバターをサンドしてトーストしたものでした。
アツアツでテーブルに運ばれてくると、バターがとろ~りと溶けて

20061016220933.jpg


お茶はチャイのようなシナモンミルクティー

20061016221009.jpg


濃くのある紅茶でむっ~ちゃ甘いの!!
おいしいんだけど、トーストも甘いし口の中甘甘でちょっともういいわ~って感じでした。
普段紅茶もコーヒーも無糖派な人にこれはコクだよ

そして、夕方からメイン観光のナイトサファリなんだけど、それまで3時間くらいの自由観光。
ガイドさんに自転車で、インド街やアラブ街など市内をぐるっと観光するトライショーがいいよ~と勧められたんだけど、ひとり7000円、ふたりだと14000円もするのでやめました。
人力車みたいで面白そうだったんだけど、奎都もお昼寝30分しかしてないからベビーカーででも寝かしてあげたいと思ったし。

なのでオーキッド通りの散策をしました。
ISETANの地下で珍しい食材や、子供売り場でパジャマやおもちゃを買ったり、結構楽しく過ごせました。
トライショーに行かなくて正解でした!

もちろんカヤジャムもGET!
本当は少し高くてもラッフルズホテルのカヤジャムが欲しくてホテルに行きたかったけど、ダンナにそんな足伸ばされへんと、却下されたので庶民派のこちらで我慢。
2種類あるんだけど、味がどう違うのか。。。
1個は私の実家にお土産であげたので、実家に行ったときにでも試食してみまよっと

20061020173952.jpg


これはマレーシアでおいしかったので、レトルトのカレー
どうせ私しか食べないだろうケド。

20061020173914.jpg


ドライマンゴードライクランベリーが安かったので。
それとお湯を入れたらジャスミンのお花が咲く工芸茶

20061020173938.jpg


ナイトサファリは動物園で夕飯を食べた後、日本語トラムで見学。
像やきりん、カモシカ、バク、アリクイなど、ほんまに近くに動物達がいて驚きでした☆
奎都も夜目で見分けにくかっただろうケド、必死で探してて、見つけたときには「あ~!」大興奮でした
メインの観光だけあって素晴らしい動物園でした

9時頃まだまだ滞在してたかったけど、そうもいかず後ろ髪惹かれる思いで空港へ
1時20分発の飛行機で帰国。
奎都も結局お昼寝はせずだったのでさすがに疲れすぎて、バスの中で寝てしまい、飛行機乗るときも寝てたので安心(いやいや起こさないように慎重でもありましたが・・・)
飛び立ってベビーボンネットに寝かしてひと安心ほっと息を付いたのも塚の間、乱気流の影響でシートベルトのサインが再び付き、ママ抱っこしないといけなくなり、結局そのまま朝を迎えることになりました。
唯一の誤算です。。。
パパはぐ~すかと少しは寝てたけど、ママは一睡もしてません(笑)

でもほんまにあっという間の2泊4日で楽しい旅でした
「思い出はお金ではかえない!!」
ってどっかのカード会社の宣伝にもあったけ

∧PageTop


2006-10-18 (Wed)

あまり気の入ってないパン焼きWeak★

今週はパンを焼くぞ~と燃え燃えな勢いは全くなく、だれ~と過ごしてしまいました
旅行から帰ってから、すっかり晩ご飯も手抜きな日々
朝のご飯は私も奎都も絶対パンと決まってます!
最初のうちは冷凍庫のストックを解凍して食べていましたが、1週間たつとそれも綺麗にな一掃されカラッポに

そして重い腰を上げてやっとこさパンを焼きました

まりさんのレシピからおいもぱん

20061018114800.jpg


お芋をレモン汁で茹でて、シナモンをたっぷり入れたあんをパン生地で包みました

今までにバターを30gは入れたことあったけど、今回初めて50gも入った生地。
バターたっぷり、卵も入れるリッチな配合。
直前に卵がないことに気づき、しょうがないので卵の分量を牛乳に置き換えてみました。
お芋は茹でるのはめんどくさかったので、私はお湯を入れてレンジでチン!
レモン汁は忘れずにいれとかないと、お芋の色が悪くなるみたいですよ
シナモンは大好きなんだけど、大さじ1もいれるんです。
見た目の大さじ1が多い気がして、こんなに大量に入れても大丈夫なのかと不安になったけど、味見してみたらそんなたいしたことはなかったです。

20061018114820.jpg


割ったきにふわ~んとシナモンのいい香りがして、とってもおいし~い
形もお芋みたいでキュートでしょ??
どうよ~?きゃっきゃ\(*^▽^*)/

そしてこちらはあきもせずにベーグルです

20061018114718.jpg


バナナを80g位、余ってたピーナッツを30gくらい生地に入れてみました
バナナは冷凍バナナを解凍して入れたし、250gの粉の量に80gは多かった!!
後で粉を50g近くも足して、まとめあげないといけない結果に・・・

味はもちもちでじゅーしー!
でもバナナは何処へ?ってくらいにバナナの味はしなかったです
ベーグルKの“バナナナッツ”をイメージして作ったんだけどみごとにひとり相撲でやられちゃいました(笑)
ベーグルKのはバナナの風味がちゃんとあるんだけど、香料とか使ってるのかしら??
アップル&レーズンとバナナ&ナッツはかなりの大好物だったんだけど、お店の味にはまだまだ到達しないわ~(^_^.)
がんばるぞ!

と、パンを久しぶりに焼くと、結構もっとこうだったら最高!というものが一杯出てきて、やる気が少し出ました!!
来週はがんがん焼くわよ~

∧PageTop


2006-10-17 (Tue)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その3~

1日目の観光はアサイチで国立蘭園
ここはさすが「国立」だけあってすごい種類の蘭、手入れの行き届いた素晴らしい植物園でした。
もうすんっごい綺麗なの!!
私は色とりどりの蘭に目が奪われまくりでした
シンガポールは10月~ちょこっとだけ雨季があるだけで、年中一緒の気候で温暖。
紅葉はないけど、落葉はあるみたいだけど、蘭は年中無休で咲いてるみたいです

20061016223014.jpg


この蘭園は外国の重要人物も訪れるような植物園で、皇太子妃雅子さまも以前訪れたこともあるらしいです。
ガイドさんが言うには、VIP Orcid Gardenという場所に行くと、名前のまだついてない新種の蘭が栽培されていて、VIPが来ると名前をつけることが出来るらしいです。
雅子さまも白い蘭に名前をつけて「まさこ」という蘭があるらしいですよ

そしてシンガポールの市内観光。
ラッフルズ卿上陸地点で記念写真
奎都は6時おきだったし、車中の心地よいゆれで寝ちゃっていました(^^)
本当はエリザベスウォークを15分くらい歩いて、マーライオン公園に行くつもりだったけど、私たちはふたりで12$と安かったので、オプションでリバークルーズをすることにしました
船でクラークキーを見たり、高層ビル街を見たり、楽しく遊覧できました
途中面白いオブジェも発見!
子供たちが今にも川に飛び込みそうで、かわいい!

20061016223047.jpg


マーライオン公園。
シンガポールにマーライオンは3頭いて、オリジナルはこのマーライオン。
オリジナルのマーライオンのそばにあるミニマーライオン。
あとセントーサ島のマーライオンなんだて。
頭がライオンで下はマーメイド・・・変なシンボルだけど、国を象徴するものがあるのっていいよね!
日本はなんだろう?
富士山?桜?う~ん。。。

スリ・マリアマン寺院。
インド街にある最古の寺院らしいです。
皆泥んこで汚い石畳を、素足で歩いて参拝。
入り口には大量の靴やサンダルが・・・(なんかルンさまの履物のようにかなり汚い・・・)
寺院に入るのに靴は脱がないといけないんだって。
そして脱いだ靴は盗られる事もあるので、気をつけて参拝しないといけないらしい。
私はアディダスの新しいスニーカーを履いてたので、ガイドさんは「私が見張っててあげるから早く見てきてくださいね!」と靴を見張っててくれました(笑)

20061016231035.jpg


日本や中国と違って、インドの寺院はなんか造りは地味な気がしました。
入ってすぐに見るところ終わり・・・みたいな小さな寺院なの。
壁画が色鮮やかに描かれていて、それはすごいと思った。

そしてこの寺院から歩いて10分くらい離れた「ティーチャプター」というお店で中国茶の体験をしました。
日本でも茶道というものがあるけど、同じくらいちゃんと作法があるみたいです。
でも私たちは外国人だし、作法は若干無視でしたが(笑)

“御前”という名の烏龍茶を中国式に入れてくれました。
お湯を急須に入れて、カップにお湯を出して温めます。

20061016222904.jpg


1回目は長細いほうのカップにお茶を注ぎます。
2回目は低い方のカップ。
細長い方のカップは香りをかぐためのもの。
低い方が飲む為のカップでした。

20061016220826.jpg


香り、とても良かったです。
味もすごくおいしいし、普段水分をあまり取らないダンナも何回も注いでのんでました
夏は烏龍茶か麦茶を作って飲んでたけど、全然違うの!!
じゃああれはなんなの?って言うくらい別物なお茶でした

そして一緒に茶道でいう和菓子みたいな感覚で出てきたのがこちら。

20061016222936.jpg


煮卵!!

でも日本のいわゆる煮卵と違って、醤油やだしで煮たものでなく、なんと漢方薬で煮たものらしいです!
八角やシナモンなど、中華料理でも使われることもあると思いますが、もろにその味がしました。
これは私もダンナもちょっと苦手な味でした
ちなみに名前は「秘制茶叶蛋」と書いてありました。

色々歩いて街を見て回り、そろそろお腹も減ってきた感じでしたが。。。
いよいよ、ランチです
ランチは飲茶でした(^^♪

注文票が中国語で書かれてて、可愛くて
春巻、豚マン、シュウマイ・・・小さなセイロに入って出てきました

20061016223611.jpg


結構な品数が出てくるんだなぁと心配でしたが、点心なのでそんな量も多くなくでした。
チャーハンや焼きそばなど若干残しましたが、無事に胃袋に収まってくれました(^^)

左に見える海老のぷりぷりシュウマイ
すごくおいしくて点心の中では一番お気に入りです

20061016223550.jpg


点心にも小さな豚マンが出たんだけど、先ほどの煮卵のような味付けの具が入っていて、私はパス。
ダンナもパス。
ですがうちの子がパン生地のほうを全部食べました(笑)

そして最後にマンゴープリン
このとろとろ感~

20061016221033.jpg


うまぁ~!!


今迄で一番おいしいマンゴープリンでした(^^)

そして午後はセントーサ島の観光です

∧PageTop


2006-10-15 (Sun)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その2~

現地時間5時過ぎ。
シンガポール到着!!

熱帯の国へようこそ~って感じの陽気な気分、さんさんと輝く太陽、ぴーかんな感じを予想してたんですが。。。
空港から一歩外に出て、空を見てびっくり!
見事に予想外な動き(笑)
どんよりとした空、むっちゃ曇ってるし~。
そして咳き込むほど空気が悪く、むっちゃ煙たい!

何でやっ?!

ガイドさんに聞いたところ、今朝インドネシアで山火事があったんだって
シンガポールでは1年に一回はこういう日があるらしく、私たちは1年に一回の日に当たったんだと思ったら、ちょっとブルーに

でもホテルに付いて荷物の整理をしてから、気を取り直して夕飯を食べに出かけました
飛行機でお昼を奎都にかなり奪われたので、二人ともお腹が減ってたので、がんがん食べる気満々!

今回の旅はツアー参加で、2日3日目は食事つきですが、初日だけは着いてから全て自由行動となっていました。
なので食事は自分達でいいレストランを探して食べに行かないといけません。
泊まったホテルの近くに、ニュートンサーカスっていうホーカーズ(フードコートという名の屋台)がありました。
うちは子供がまだ小さいし、屋台で食べるのはちょっと不安があったので、ちょっと高くてもちゃんとしたレストランで食べたほうがいいんじゃないかという結論で、今回はこちらは行かずでした。
地元の食べ物に興味深々だし、ガイドさんからも安ウマと評判を聞いてたし、むっちゃ食べたかってんけど

ホテルの前の道をずっと10分ちょい歩くと、オーチャード通りっていう、日本で言う銀座のような繁華街に出ます。
そこでご飯を食べたり、ちょこっと散策もしたかってんけど、うちの子が結構疲れてるっぽかったし、近場のレストランに行きました。
ホテルの隣が、私たちの泊まってるホテルよりちょっと安いホテルで、そこの中華レストランに行くことにしました。
「亜洲金閣海鮮酒家」というお店で、るるぶにおいしいお店として小さく紹介されてたので、どこに行ったらいいか分からなかったし、ちょっと信用してみることに

席に案内されてメニューを見てまたびっくり!
このお店は中華レストランだけあって中国語(方言は何かは区別がつきませんでした)でメニューが書かれていて、さっぱり分かりません
意味不明の感じで書かれた料理名の下に、申し訳程度に英語が書いてありましたが・・・理解は不能
ちょっと私も焦りました。
何を頼んでいいのやらさっぱり分からないんですもん!!

シンガポールは英語福建語が大体通用するらしいんだけど、私たち夫婦そろって英語もろくに分かりません
っていうかこういうときに、英語の出来るダンナだったら、なんて安心できるか、そんでもって尊敬できたか・・・ふぅ。
どっちかっていうと私のほうがまだリスニング出来てましたからっ

とりあえず私も大学の時に北京語は半年だけ勉強してたから、なんとなく食べれそうなものをチョイス。
ダンナが指差しジェスチャーでオーダーしました。

小皿と書かれた項目にあった「脆皮焼紅」
小皿っていうのは前菜っぽい感じの料理だったのかな?
それとも量が少ないという意味でそのまま小皿の料理ということかしら?
オーダーして一番初めに結構早くに運ばれてきました。

20061012151041.jpg


皮がパリパリで香ばしい感じ
中は角煮のように柔らかでした。
見た目よりもこってりしてなかったし、味付けもイケました

そして「北京皮片鴨」
つまり北京ダックですねっ
私もダンナもなんとなく分かった料理名だったし、高いけどこういう機会がないと日本で自分でオーダーすることはないと思ったので奮発しました!

20061012151021.jpg


これで23$。だいたい1700円くらいになるのかな?
普段食べない料理だから安いのか高かったのかも不明。
ワンテーブルにひとり付いてくれる給仕の人が、目の前で皮をはいで春巻きの皮みたいなのにネギと甘辛味噌とともにくるくる巻いてくれました。
日本で一回食べたことあるけど、それに比べたら皮がパリパリで身が付いてなくて、おいしい!
おいしいんだけどね~巻いてくれるのはいいけど、何個ほど出来るねんっ。
ふたりで食べるのは量が多すぎて、これまたびっくり

20061012151104.jpg


そして「黄金海鮮炒飯」
唯一普通にチャーハンだと理解できたメニューです(笑)
やっぱりシメはご飯ものがいるでしょ?!と安易に頼んだものの・・・こちらも量が多かった
ひとり飯に盛ってみたものの。
たっぷりご飯茶碗1杯はあるし、写真には残ってないけど、まだまだ残ってます。

20061012151124.jpg


お味はというと。。。
日本のチャーハンってパラパラした感じがおいしいっていうじゃない?だけどシンガポールのチャーハンはパサパサした感じで、脂っこくって、なんだか粉っぽい感じがしました。
ご飯に艶っぽさは全くなくて、小麦粉を混ぜて炒めた感じであまりおいしくなかったです。
料理名も分かってオーダーした一番安心できる料理だと思ってたのにがっくし
だけど、奎都はもりもり食べてました。

そうそう、食べること命なうちの子は黙って食べてるわけないですよ~(^.^)
レストランで用意してくれたベビーチェアに座って、ぎゃ~ぎゃ~(もっと食べるとか、早く口に入れて~とか)言いながら食べてました。
今回外国の料理を子供に食べさせるのは味付けに不安があったので、1歳からの幼児食というレトルトパックを日本から何箱も持ってきてたので、これを食べさせました。
温めるとおいしいんですが、温めなくてもいいので便利です(^^)
でもやっぱり見てると大人と同じものを食べたがるもんですね。
目で見て理解も出来るように成長したのは喜ばしいことです。
ただの食いしん坊なだけとも言うんだけどねぇ。
もうめんどくさいから、チャーハンも一杯食べさせちゃいました
普段便秘な奎都なのでお腹を壊してもちょうどいい具合のお通じになりそうだし、まぁよっぽどでない限りお腹をすことはないと思うしね。

20061015225113.jpg


お金を払う際にサービス税や消費税やらでかなり高くなったんですが、
これも旅の思い出ということにしました。
お腹一杯でホテルに帰ってオフロに入り、8時頃には奎都は眠りに落ちました。
なんだか「寝た」っていうより、「ぽっくり落ちた」って表現に近い寝方でした(笑)
やっぱり疲れたんだね~(^_^.)
明日も6時起きだし、私たちも9時半頃寝ることに・・・。
やっぱりさすがに、子連れ旅行だと夜は行動が出来ませんでした

∧PageTop


2006-10-11 (Wed)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その1~

ただいまっ~!!
みなさんおげんきでしょうか??
昨日無事何事もなく家族3人そろってシンガポールから戻ってきました(^^)

今回、初めて子供を連れての海外旅行
しかもみどころてんこ盛りのハードスケジュールでのツアー参加。
ドキドキしながらワクワク☆
ぐずらないかな?
体調くずさないかな?
親は子供のことを色々考えてましたが、行ってみればなんでも大丈夫なんですね~
のーぷろぶれむ!
うちのこってすばらしく対応能力があるみたいです(←親バカ)

朝11時発のシンガポール航空だったので、9時前に空港に着くようにしました。
そのため6時起きだったけど、奎都は前の日にむっちゃ早く寝てくれたのですんなり起き、朝から素晴らしい食欲でひとり朝食を平らげ、おでかけ。
空港で荷物を預けチェックインした後、出国手続き。
そしていつもなら免税店でお買い物をした後、ヒマな時間をお茶したりしてぼ~と過ごしていましたが、今回は子供がいるのでキッズルームを利用しました

空港に無料で利用できるキッズルームがあるの知ってましたか??
私は今回旅行するに当たって、育児書では定評のある高野さんの本を読んで初めて知りました。

高野優の子連れ地球上陸大作戦 サンフランシスコ編


高野さんの本は漫画で書いてあるし、なかなか面白いのでオススメです
そういう私も本屋で立ち読みしてただけだったんだけど、隣にいた同じ子育て中のママに「この本絶対面白いからオススメですよ」と勧められて読んだのがきっかけです。。。

そしてこの本で空港にキッズルームがあるらしいという情報を仕入れた私は、事前に関空のHPで場所を確認しておいたのでした

小さい部屋でしたが、子供用のテーブルとイスがあったり、外国でよく見られる、ぬくもりのある木のおもちゃやオママゴトセットの半分に切れる果物や、パズルや本があり、奎都も喜んで遊んでいました。
こちらは先生(ベビーシッターさん?)が常駐していて、名前と住所などを記入したら、6歳まで利用が出来るらしいです。
そして、すごいことに離乳食もひとり1箱もらえるんですよ~!
うちはグリコの1歳過ぎの幼児食と紙オムツまで頂きました
紙オムツは天下のパンパース(しかもパンツ式)でございます

赤ちゃんは飛行機の離陸時が心配です。
耳がキーンとなるのが気持ち悪いし、そのままだと鼓膜が破裂してしまったりすることもあると聞きました。
色々な意見があります。

①離陸するときにミルクを哺乳びんであげたらいい。もしくは紙パックジュースをあげる。
②お菓子を食べさしとく。
③水泳用の耳栓を装着しとく。

心配性なパパがいるので耳栓を購入し、さらにお菓子とジュースも座席にスタンバイOK。
飛行機の座席に座った時は座りたくないのか歩き回りたいのかわ~わ~と言ってた奎都でしたが、しょうがないので飛び立つ前にお菓子を食べさせました。
お気に入りの“1歳からのサッポロポテト”を袋からひとつひとつ取り出して食べさせていて、いよいよ離陸・・・
あれれ?奎都のお菓子を持つ手が止まった・・・と思ったら奎都の目が閉じてる・・・食べながら寝てる?!
よその子は眠たかったら、食べながら寝たりするのはアリなんだけど、食べるの命!ごちそう様は大嫌い!なうちの奎都にとってはナシな世界だったんだけど、朝も早起きだったし、キッズルームで大はしゃぎだったので疲れたのかもしれない。
飛行機に乗って飛び立つまさに瞬間にして落ちてしまいました(笑)
旅行での一番な心配ごとだったけど、これものーぷろぶれむでした

そして飛行機が無事離陸し、シートベルトのサインが消えた後、設置してくれたベビーバスケットに寝かして、ほっと一息。
こちらもチェックイン時にオーダーしておきました。
18キロ位(だったけな?)までなら乗せても大丈夫らしいので、オーダーしとくともし使わなくても荷物置き場になったりするのでいいかも。

ちょっと見た目キツそうだけど・・・本人は気にすることなくすやすや
20061011115741.jpg


1時間位ゆっくりテレビを見たり音楽聴いたり、ダンナはスーパーマリオをしたり。
シンガポール航空は機内サービスが充実してるので時間をもてあますことなく過ごせます。

そしてやっとこさ楽しみにしていた昼食の運ばれる時間
朝は奎都は食べさせたけど、私たちは食べる時間がなくお腹ペコペコ
和食とインターナショナルの2種類の機内食でしたが、私は和食をチョイスしました。
最後に日本食とおさらばしとこうと思って
運ばれた機内食はこんな感じ
そばにご飯に、何故かパンも?!
炭水化物多し。

20061011115814.jpg


だけど、やっぱりな展開が。
ゆっくり食事を食べるのは無理でした

運ぶ音とかざわざわした感じに加えていい匂いが鼻を刺激したのか、食べることに敏感な奎都が目を覚ましちゃった!
っていうかマジで?!という感じでした。
しょうがないので、先に食べさせることに。。。

奎都の食事は旅行の申し込み時にベビーフードをオーダーしておきました。
でもちょっとこれは私のミスで、本当に6ヶ月からとかのベビーフードが出てきてしましました
何歳の赤ちゃんかって聞かれなかったし、パスポート見たら1歳すぎてるのは分かるだろうと思ってたんだけど×××
子供用には大人と違ってお子様ランチみたいなのがあるみたいで、それはチャイルドミールとオーダーしないといけなかったようです
大失敗
アテンダントさんが、大人用の機内食が余ってるので用意してくれると言ってくれたんだけど、私たちのパンと煮物のお野菜をあげたり、ジュースや果物を食べて満足したので断りました。

1時間ちょい寝て、ご飯も一杯食べて満足した奎都は活動開始。
座ったり立ったり遊びまくり、ちょっと予想外な動きをされました。
私は機内でゆっくりして体力温存しとこうと思ってたのに、全く目をつぶることもなく、かなりのお疲れモード
ありえへん展開~?!
と思いきや・・・着陸30分くらい前。
疲れきった奎都くんはダッコの状態でまたまたお昼寝してしまいました。
そしてそのまま着陸。。。
離陸も着陸も寝てた奎都でした

と、まぁこんな感じでどたばたと旅行が始まり、ぐるぐるじたばたやっておりました。
シンガポールでの出来事はまだまだ続きます徐々にね!!

∧PageTop


2006-10-05 (Thu)

ノルウェーパンを隠れ家レストランで♪♪

つ・つ・つ!
ついに!!

あのノルウェーパンを焼きました!!
いつも仲良くしていただいてる&Dさんちのノルウェーパンでございます
全粒粉たっぷりなのにふわんふわんなクラム
皆さん、おいしいと評判のノルウェーパンを実際に作って食べてるし、むっちゃ憧れのパンでした
私も早く作って食べてみたいと思っていたんだけど、残念な事に全粒粉がリスと共に切れてたから作れず

パンが焼けたという幸せ食べたときのおいしい幸せ以前の、作れるということに幸せ~

ボールにイーストと砂糖、40度に近いと思われるお湯を入れて混ぜ混ぜ。
10分位湯煎で混ぜながら様子を見てたらプクプクしてきた
よしよしいいこいいこ・・・と後の材料を入れて一まとめにして捏ねはじめる。
生地は手捏ねで!
と意気込み十分だったんだけどね~・・・途中からやっぱりHBにお任せしました。
だって~だって~
手早くしないと奎都くんがぐずりモードに発展しそうだったんだもん

無事捏ね上がった生地は、60分くらい発酵。
2次発酵後、どれくらいの大きさに膨らむのか予測できなかったので、成形も迷ったんだけど、無難ななまこ型にしてみたよん
パンマットで50分くらい2次発酵させて様子を見てみると、わ~素晴らしい膨らみ。
ぷっくりしていて、ハリがある感じが惚れ惚れ
皆さんクープが綺麗にすっと入っていくし、入れやすかったと言ってはったけど、実際どうなんだろう?とドキドキしながら、ナイフを入れてみた

わわ~すごい!
今までにないくらいスパっと切れちゃいました!!!
切り口も鮮やか
実は先日富沢さんでお買い物をした時に、思い切って一緒に購入したクープナイフ

20061005192313.jpg


生地自体がクープの入れやすい扱いのいい生地だったんですが、こちらを使ったせいもあると思う。
ほんとに軽くスパッと切れて、見事なクープが出来て驚きでした
今まで100円のカミソリでクープを入れてたんだけど、こんなに綺麗に簡単にクープが入るんなら、もっと早くに購入しといたらよかったぁ

そして焼きあがったノルウェーパンはこんな感じで、焼きの発酵タイミングも焼き色も
今回「ここで釜入れだ!」というタイミングがばっちり合ったので、ベストな出来栄えなんでは?と自画自賛

20061005092451.jpg

20061005092508.jpg


クラムがふわんふわん
全粒粉をた~ぷり入れてるのに、こんなふわふわでいいの?!
これ反則でしょ~というくらい軽くてふわふわに焼きあがりました

そして今夜は、このパンに絶対合わしたいとかねてから思っていた、
クリームシチュー
で~す
クリームシチューむっちゃ好き
たっぷり作って3日は食べ続けていたいという位の好物で~す

いつもは「とろけるクリームシチュー」や「クレアおばさんのクリームシチュー」など、特価で100円以下の時に購入します
いいものを誰よりも安くがモットー。
そして節約しながらゆとりのある生活を送るが鉄則です(笑)

でも今日はノルウェーパンがあまりにおいしく出来たので、ちょこっと奮発
「隠れ家レストランの贅沢クリームシチュー」というのを購入しました
軽井沢のエルミタージュ・ド・タムラというフランス料理のレストラン、田村シェフ監修のクリームシチューのルーです。

少しだけ味見などしてみる。

「うま~っ!!」

ちょっと味見・・・だというのに、小皿たっぷりなみなみスープを注いで飲んじゃいました
いつもと同じ野菜たちを使い、同じ手順でシチューを作りましたが、いつもと全然違う味なの~
コクがむっちゃあるのに、さらっといけちゃう感じ!
クリームなのにさらっとってすごくないですか?!

夕飯のクリームシチュー。
せっかくだからブログ用に記念写真と思ってたのに、すっかり忘れてました(笑)
あまりのおいしさにほとんど食べ終わっちゃってからバチッ
浅瀬のシチューさまde。。。すんませ~ん

20061005112408.jpg


そしていよいよ。。。

土曜日から4日間、シンガポールに旅立ちます
子連れで初めての海外ツアー。しかもパッケージツアー。。。
なんとかなると信じてるけど、ちょっと不安も大きいです。
楽しい旅行と無事に帰宅できることを祈りつつ。。。

明日は用意のため忙しい予感(^.^)
前日に焦って用意をするタイプです。そして忘れ物も多発するタイプです(笑)

それではしばらくさようなら~
みなさんお元気で!!

∧PageTop


2006-10-04 (Wed)

ベーグル、もっいっかいベーグル∞

高橋先生の本を片手にベーグルを作ってみました♪

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる


欲張りなので、途中で生地を二つに割って、プレーン2個とシナモンレーズン2個にしました
1回で2度おいしいって、このこと(*^^)v

20061003153752.jpg


ぷっくり艶肌
見た目OK
味・・・ちょっと意外。
もっちりはしてるものの、生地が若干ですがぱさっとした感じでした
何でだろう??

レシピ通りに作ったものの、気温の差とか作業のスピード、材料の違い面などから違ったベーグルになっちゃたのかもしれません
おいしいんだけど、ちょっと残念な感じもする。

高橋先生のレシピでは捏ねた生地を1次発酵前に成形2次発酵はなしという方法が紹介されていました。
私のパン教室の先生は蒸す方法を教えてくれました。
詳しくはこちらを見てくださいねん。

ベーグルの作り方って、ホント十人十色な感じですよね~
そしてベーグルってハマったらなかなか抜けられないという恐ろしい秘密も持っている(笑)

そうなの。。。
見事にハマッて抜けれない。。。

実はこのベーグルを作ったのは先週の土曜
そして今日またベーグルを作っちゃいました

だって、納得のいかないベーグルが出来たし、このままフェイドアウトなんてマネは絶対できませんっ!!
今回はちょっと研究。
&Dさんも以前ベーグルの実験してはったけど、私も自分なりに配合&発酵時間など考えて作ってみました
自家製酵母は前と同じデラウェア酵母を使いました。
気温もそう変わってないし、作り初めの時間も同じ状況です。

20061004170729.jpg


わ~いい感じ♪

見た目もOKでしょうかぁ~
時間がたって今見たら、若干しわができてる気もしますが・・・
味はもちもち!
前よりも断然しっとりしてます!!!
水分がたっぷり詰まっていて、外の皮で包むことによって、飽和してる状態です

でも時間のたったときに出来てしまった「こじわ」も気になるし、味も最高点にちょこと足がかかりかけなんだけど、到達はしてないような・・・。
蒸しベーグルは最高においしかったけど、見た目がベーグルらしくない気がして物足りないのよね~
どうしてもケトリングしたい!!
艶肌もち肌絹肌ビューティーベーグル
そしてもちもちみずみずしいジューシーさも兼ね備えたベーグルが食べたい!!
このむずむず状態から脱出できるよう、もしよろしければよきアドバイスを求ム!です。

はぁ~でもベーグルっておいしいよね~
もう少し、ベーグル狂は続きそうな予感。。。

追 記  "ベーグル、もっいっかいベーグル∞"

プレーンベーグル&シナモンベーグル

高橋先生のベーグルレシピ

手捏ね→15分位 
ベンチタイム→15分
成形
発酵→2時間ちょい
ケトリング(砂糖大2)→裏表各50秒位 
焼成→200度で18分

くるみのベーグル

強力粉(キタノカオリ)・・・・・・200g
全粒粉・・・・・・・・・・・・・・50g
元種・・・・・・・・・・・・・・・・90g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・4g
きび砂糖・・・・・・・・・・・・4g
ぬるま水・・・・・・・・・・・・150g弱
くるみ・・・・・・・・・・・・・・30g位

手捏ね→15分位 
発酵→3時間ちょい
ガス抜き&ベンチタイム→20分
成形
ベンチタイム→5分
ケトリング(蜂蜜大2)→裏表各50秒位 
焼成→220度で20分位

∧PageTop


2006-10-03 (Tue)

おうっw(☆0◎)w 緑なパンと松茸さま

今日もイーストパンです
いやいや、決して酵母パンが失敗続きだからというわけじゃないんですよん(^_^.)
そこまでひきずるタイプではないし(笑)
ただ秋になって気温が低くなったので、子供と遊ぶ時間とパン作りの時間の微妙な調整がまだできてなくって、時間がきちっと計算できるイーストパンに頼ってしまってる感じです

子供が昼寝をしているときに仕込んだパンが夕方焼きあがりました!
なんだかいつもと違って甘いようなほろ苦いようないい香り
こんなんいかがでしょうかぁ?

20061003185559.jpg


いかにも健康に良さそうな感じでしょう??
実は大根菜のパウダーをいれたんです。
むっちゃ緑☆
抹茶や緑茶の緑よりも濃い緑です

大根菜も青汁と同じように、それだけなめると若干苦味があるので、牛乳を入れて味をぼかし、砂糖を多めに入れて甘みをつけてみました

ちょっと遅めに帰宅したダンナがご飯の前に恐る恐るつまみ食い(無理やりさせた)・・・

「ふ~んこんな味・・・甘いなぁ」

まずいと言わないし、まずそうな顔もしないし、結構おいしいようです(*^^)v

そしてこちらは昨日の食事。
いつものように日曜からお泊り。
今回は出張に車をダンナが乗っていってしまってたので、夜迎えに来てもらうことになり、夕飯もダンナも共に頂いてきました
ふふふっのふ
なんと!!
秋の王者ともいえる

松茸

が登場!!!

20061003221414.jpg


松茸、高いですよね~。
毎年国内産のなんか全く手が出せない感じです。
手が出せても、この値段出すならアレが○個食べられる・・・とか冷静に判断して買えません(笑)
自分の財布じゃないからこそ、食べれた感じです(^^)
とういう母もうちのダンナが来るといつもよりは豪華にご馳走を用意しするものの、そこまでいいものを買える家庭ではございません
実はこの松茸外国産なんです。
外国産で一般的なのは韓国産中国産

でもこの松茸はアメリカ産なんです

中国産とかは香りがあんまりなくて、松茸の味もあんまりしないとよく耳にします。
味はしめじ、見た目はエリンギなんて話もちらほら。。。
でもアメリカ産って優秀かもしれません。
土瓶蒸しにしたんですが、香りもすごくいいし、見た目も味もちゃんと松茸なんですよ
 
20061003221451.jpg


う~ん、満足♪

おつまみ程度にイカリングのフライとゴボウのフライ。
海老とブロッコリーのサラダはマヨネーズと柚子ポンのミックスで食べるか、生協のゴマドレで食べるのが一番!

20061003221520.jpg


最後は母特製の春巻き。

20061003221536.jpg


うちの母は、お店をしてるのでスーパーの惣菜や生協の冷凍食品に頼ることが多いんだけど、春巻きだけは手作りを一貫してはります(^^)
これがおいしいんです♪
これが大好きな私は、自分では春巻きを一度も作ったことがないです。
チャレンジしても母のに負けるもん×××
また食べたくなったらリクしますよ~

追 記  "おうっw(☆0◎)w 緑なパンと松茸さま "

緑の食パン

強力粉・・・・・・・・・・・・・・・250g
大根菜パウダー・・・・・・・・・20g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・25g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3g
バター・・・・・・・・・・・・・・・20g
卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・S位の1個
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・卵と合わせて200g~208g
イースト・・・・・・・・・・・・・3g

①HBのドライイースト食パンコース[ふっくら]でスタート。

∧PageTop


2006-10-01 (Sun)

おはよ☆帝国ホテルのマーガリン♪

こんにちわ。負け犬のりえぴよです(笑)
負け犬・・・いい響き~!きゃほ~ぃ!!

せっかくの休日なのに、酵母パンの酸っぱさを味わったダンナさま。
明日のパンも酸っぱいパンを食べさせるのは刻だし、
「新しくパン焼くけど、どんなパンが食べたい~?」
と聞くと・・・

「普通にジャム付けて食べれる、普通の食パンがいいわ~」

と回答。
普通の食パンかぁ・・・。
せっかく休日にゆっくりパン作りするなら成形パンがいいかなぁと思っててんケド・・・。

・・・って、オイッ!
そんな普通普通って連発せんでもいいやん?!
酵母パンがそんなにまずかった?
それは分かるけど、そこまで言う?!
いつもやったら、レーズンパンとかいうのに、普通の食パンって言うあたり、相当お口にはあわなかったみたいのねぇ

というわけで、今日はリクエスト通りHBに完全お任せで普通の食パンを焼きました

20060930223526.jpg


普通のパンだけど、香りのいいパネマザは使用してるのよ~。
イーストとはちょこっと違う風味のいい食パンですよ~。
でも、間違いなくうちのダンナにはこの違い、一生涯分かってもらえないわ・・・

そして、この「普通のパン」には特別なマーガリン♪
じゃん!
帝国ホテルのマーガリン♪

20060930223833.jpg


先日のパン教室の帰りに梅田の成城石井に寄ったときに、セール特価で290円だったのでラッキーと即get  
ずっとこのマーガリンを使っておいしい食パンが食べたいと思ってたんだけど、しばらく冷凍庫のストックを食べてたり、食パン自体が納得のいくものが作れんかったので、出場できずでした。
やっとこさ念願かなってデビュー!!

20061001100815.jpg


わわわ~お口に広がる~♪

ちょっとリッチなモーニングでした♪♪

追 記  "おはよ☆帝国ホテルのマーガリン♪"

  
パネマザのシンプルな食パン

強力粉(ゴールデンヨット)・・・・250g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・15g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3g
スキムミルク・・・・・・・・・・15g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・190g
バター・・・・・・・・・・・・・・・・30g
 
いつもパネマザの時にはバターをミックスコール時に後入れするけど、今回まとめて入れました。

∧PageTop



Menu

Calendar

<09   2006-10   11>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:*りえぴよ*
自家製天然酵母にどっぷりつかり中♪
月1回ペースでパン教室でお勉強。でも相変わらずなへたっぴっ。
ぷいぷいキッチンとはなまるマーケット、料理番組大大大好き。
だけど最近はNHKにチャンネル権を独占されつつあるような・・・。
ガーデニングも初心者だけどがんばってます!

2歳になったけいと、ダックスのフィリオを含む愉快な3人ぷらすワン家族です★9月には第2子出産予定で~す!

*コメント待ってま~す!*

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link


ブログランキングに参加してみました!ぽちっと応援お願いします★c_04.gif にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

Information

Template

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。