りえぴよの気まぐれ飯°日記☆

食べることが一番幸せ・・・こんなんダメですかぁ?(;´Д`)?

Category :News


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∧PageTop


2007-10-12 (Fri)

御報告!

ブログをお引越ししました

気まぐれ飯゜日記http://blog.so-net.ne.jp/kimagurepan/

無事に出産も終わり、子育てしながらですがこちらの方でアップしますので、変わりなくよろしくお願いしま~す

∧PageTop


2006-11-06 (Mon)

一家で比叡山へ小旅行☆むっちゃ疲れた~(^_^;)

土曜日は両親とお義兄ちゃん夫婦、私たちの一家で電車で比叡山に行ってきました
お義兄ちゃん夫婦は関東に住んでるからベツとして、両親もうちのだんなも比叡山と鞍馬には行ったことがないらしい。
私も車で1回小さい頃に連れてってもらったらしいけど覚えてないし、「じゃあ行ってみましょうか」と簡単に言ったものの。。。

むっちゃ遠かった!!

京都という名の滋賀?
比叡山・・・「山」というだけあって大変な道のりで、「遠足」というよりも「小旅行」でした

地下鉄谷町線で天満橋まで行き、京阪電車で出町柳へ
叡山鉄道で八瀬まで行き、ケーブルカーに乗り、ロープウェイに乗り継ぎ山頂へ。

20061105224951.jpg


でもそこからまだあるんですよ!
延暦寺まではバスに乗っていきました

延暦寺は最澄が開山して1200年も経ったそうです。
そして3塔の地域に分けられていて、総称して比叡山延暦寺といわれるんだそうです。
お義父さんが一番奥から順にまわろうと言ったので、横川という地域に行きました。

横川は一番北にあるだけあって物寂しい感じで、ひとおし霊峰の感のするところでした。
横川中堂、根本如法像を見てバス停に戻りました。
1時もすぎてるしそろそろお昼ごはんでも食べに行こうかと思い、バスに乗って途中にあった「峰道レストラン」へ行こうとしたんですが・・・

そこで思わぬ事態が発生
比叡山の巡回バスは1時間に2本しか走ってません。
00と30。
バスを降りた時に時間を確認してたんですが、1時台だけ30がなかったんです!!
なので次のバスが来るまで1時間ちょいも待たないといけなくなりました
奎都もお腹へってきてるだろうし、とりあえずバス停の近くのお茶屋さんでお抹茶を頼みました。
っていうか、このお茶屋さんほんまに「お茶屋」で、抹茶セットか葛湯セットの2種類しかないの~!!
葛湯セットには八つ橋せんべい、お抹茶セットにはもみじもちが付いていて、私はお抹茶セットにしました
もみじもちは桜もちみたいな(道明寺粉で作ってるのかな?)お餅に甘さ控え目のあんこが包んでるもので、結構おいしかったです

20061105225014.jpg


奎都もお店においてあった試食用の豆せんべいやきなこ豆などのお菓子をつまみ食い以上に一杯食べてちょこっと満足した模様でした。

私とお義母さんは比叡山に来たのなら、ガーデンミュージアム比叡に行きたいと話をしてました。前々からいきたいと思ってたし、ぜひともと思ってたんだけど。。。
2時過ぎになったので、これからご飯を食べてあと2箇所回って(またバスを待たないと行けないし)からガーデンミュージアムに行くには時間が足りないという結論に至りました。
ガーデンミュージアムは開園時間4時くらいまでだし、5時すぎちゃうと日が落ちて暗くもなっちゃう。
迷った挙句、延暦寺を見るチームとガーデンミュージアムに行くチームの二手に分かれることになりました。

初めはお義母さんとりえぴよ一家、お義父さんとお義兄ちゃん夫婦に分かれるつもりでした。

「俺は延暦寺みるわ~」

うちのダンナのB型的ヒトコト。
マイペースっていうか団体行動が出来ないっていうか・・・
なのでお義姉ちゃんがガーデンミュージアムに行くことになり、女性チームと男性チームに分かれることになりました。

男性チームはあとの西塔と東塔に行きました。
西塔は杉木立に包まれた一番古いお堂だそう。
釈迦堂、浄土院、にない堂などがあるそうです。
東塔は総本堂国宝根本中堂があり、延暦寺の一番メインといったお堂があるところです。

女性チームはそのままバスに乗り山頂のバス停まで戻り、ガーデンミュージアムへ。
ガーデンミュージアムはフランスの印象派画家の絵画をモチーフにした庭園美術館です。
季節ごとに色んな花が咲いているし、天気がよければ琵琶湖や京都を見下ろせるらしく眺望もいいとのこと。
でもあいにくこの日は曇り。。。
琵琶湖も霧がかかるかんじでした。
その分お花は本当に綺麗に咲き乱れていました。

ローズガーデンで見た陶板名画の中で私のお気に入りの絵。
モネの「モネと息子」
絵画に造詣深くもないし、鑑賞するのも別になんとも思ってなかったけど、最近は家族の絵とかお母さんとかの絵とか少し惹かれることも

20061105224634.jpg


こちらは睡蓮の庭です。

20061105224601.jpg


睡蓮の咲く池、藤の絡まる太鼓橋、シダレ柳、アヤメ、ショウブなどモネが愛したモチーフをふんだんに取り入れた庭園を再現したそうです。
ガーデンミュージアムの中で、最も有名な場所かな?

20061105224530.jpg


絵画と実際の睡蓮の庭とそう変わらなくって、すごい!と素直に感動しました。

メゾン・ド・フルールという雑貨のショップでお買い物して、カフェでお昼兼でお茶しました。
入園してから1時間半位経ってるから男性チームもそろそろ待ち合わせのバス停に戻ってきてるかもと思って急いで向うと、ちょうど男性チームも着いたようで、スムーズに落ち合うことが出来、帰宅の途につけました。

帰りは皆電車でグースか寝てたけど、私とお義母さんは昼寝して元気復活した奎都が退屈して機嫌が悪くならないよう、がんばって遊んであげました。
オマケに夕飯もお好み焼きを食べに行くとのこと。
お店が狭い上、鉄板は奎都にはまだ危険だし、私とお義母さんはデパ地下で惣菜を買って家で食べることになりました。
私もおいしいお好み焼きを食べに行きたかったなぁ~
こんなときはママって損だけど、しょうがないよね~。。。また今度食べに連れてって欲しいな

そしてそして男たちは酔っ払って11時頃帰ってきてました。
歩いて運動した後のお好み焼きとビールはうまいだって~!
飲みすぎ!!限度を知ってチョウダイ!!!

∧PageTop


2006-10-20 (Fri)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その4~

2日目の午後のセントーサ島観光からカメラの電池がなくなったので、使い捨てカメラになりました
使い捨てだと、ブログに写真をアップできないので旅行日記もおしまいにしちゃいます。。。
そろそろ見てくださってる優しい方も飽きるはずだし~(^^ゞ

3日目はシンガポールの国境をバスで越え、マレーシアのジョホール・バールに行きました。
国境を越える為の税関で、出国手続きをするんだけど、ガイドさんが奎都の出国カードを書き間違えてたので、英語で「なんとか!」って言われて、超焦りました
結論から言うと、パスポートの有効期限の欄に生年月日を書いていたみたいです。
でもそんなん言われても分からんし、マレーシアの国境で奎都とふたり残される私はどうしたらいいの?!って感じでむっちゃ不安だったよ~(-_-;)
ガイドさん頼むよ~ほんま!!

ジョホールバールはシンガポールと違って、ちょっと汚くて田舎な感じがしました。
マレーシアはイスラム圏だし雰囲気も全然違てました。

ジョホール・バルの王宮を見たり、モスクを見たり、民族村でのショーを見たり。
民族村でのショーは奎都もノリノリで手を振って踊ってました(笑)
お腹も若干ですがすいてきた頃にランチタイム
マレーシアでのランチはホテルでマレー料理のビュッフェでした。
バナナのフリッター(名前忘れました)や、カレーがおいしかったです。
でもちょっと癖が強いので、ダンナはあまり好みではなかったみたいです。
うちのダンナはおかんカレーが好きな人なので(笑)

午後イチでシンガポールに帰国。
帰国の際も税関でひと悶着ありました!!
奎都をだっこして、パスポートを提示したんですが、税関の人(若そうなお兄さん)が私と奎都を見て「なんとか?」って聞かれてあせあせ(+_+;)
英語がさっぱりな人間には、早口な英語だとさらに何言ってんのかさっぱりわからんねんもん!
え?!なになに?!と私があせってたら、もういいわ~みたいな手振りでパスポートを返されました。
で、あとで冷静に考えると。。。

「Your baby?Realy??」

「あなたの赤ちゃんなの?ほんとに?」

と聞かれたんだと発覚。
奎都が私の子供に見えなかったってこと。
若く見えたのかしら~?(^^)

シンガポールに帰国後はカヤトーストを食べに行きました。
ランチのすぐ後だったので、あまりお腹が減ってなかったけど。。。

カヤはココナッツのことでようするにココナッツジャムです
蜂蜜も入ってるのかなぁ??
カヤトーストは、食パンの上にジャムがぬってるだけのただのトーストだと思ってたけど、私の想像とはちょっと違ってました。
薄切りの食パンにカヤジャムと角切りバターをサンドしてトーストしたものでした。
アツアツでテーブルに運ばれてくると、バターがとろ~りと溶けて

20061016220933.jpg


お茶はチャイのようなシナモンミルクティー

20061016221009.jpg


濃くのある紅茶でむっ~ちゃ甘いの!!
おいしいんだけど、トーストも甘いし口の中甘甘でちょっともういいわ~って感じでした。
普段紅茶もコーヒーも無糖派な人にこれはコクだよ

そして、夕方からメイン観光のナイトサファリなんだけど、それまで3時間くらいの自由観光。
ガイドさんに自転車で、インド街やアラブ街など市内をぐるっと観光するトライショーがいいよ~と勧められたんだけど、ひとり7000円、ふたりだと14000円もするのでやめました。
人力車みたいで面白そうだったんだけど、奎都もお昼寝30分しかしてないからベビーカーででも寝かしてあげたいと思ったし。

なのでオーキッド通りの散策をしました。
ISETANの地下で珍しい食材や、子供売り場でパジャマやおもちゃを買ったり、結構楽しく過ごせました。
トライショーに行かなくて正解でした!

もちろんカヤジャムもGET!
本当は少し高くてもラッフルズホテルのカヤジャムが欲しくてホテルに行きたかったけど、ダンナにそんな足伸ばされへんと、却下されたので庶民派のこちらで我慢。
2種類あるんだけど、味がどう違うのか。。。
1個は私の実家にお土産であげたので、実家に行ったときにでも試食してみまよっと

20061020173952.jpg


これはマレーシアでおいしかったので、レトルトのカレー
どうせ私しか食べないだろうケド。

20061020173914.jpg


ドライマンゴードライクランベリーが安かったので。
それとお湯を入れたらジャスミンのお花が咲く工芸茶

20061020173938.jpg


ナイトサファリは動物園で夕飯を食べた後、日本語トラムで見学。
像やきりん、カモシカ、バク、アリクイなど、ほんまに近くに動物達がいて驚きでした☆
奎都も夜目で見分けにくかっただろうケド、必死で探してて、見つけたときには「あ~!」大興奮でした
メインの観光だけあって素晴らしい動物園でした

9時頃まだまだ滞在してたかったけど、そうもいかず後ろ髪惹かれる思いで空港へ
1時20分発の飛行機で帰国。
奎都も結局お昼寝はせずだったのでさすがに疲れすぎて、バスの中で寝てしまい、飛行機乗るときも寝てたので安心(いやいや起こさないように慎重でもありましたが・・・)
飛び立ってベビーボンネットに寝かしてひと安心ほっと息を付いたのも塚の間、乱気流の影響でシートベルトのサインが再び付き、ママ抱っこしないといけなくなり、結局そのまま朝を迎えることになりました。
唯一の誤算です。。。
パパはぐ~すかと少しは寝てたけど、ママは一睡もしてません(笑)

でもほんまにあっという間の2泊4日で楽しい旅でした
「思い出はお金ではかえない!!」
ってどっかのカード会社の宣伝にもあったけ

∧PageTop


2006-10-15 (Sun)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その2~

現地時間5時過ぎ。
シンガポール到着!!

熱帯の国へようこそ~って感じの陽気な気分、さんさんと輝く太陽、ぴーかんな感じを予想してたんですが。。。
空港から一歩外に出て、空を見てびっくり!
見事に予想外な動き(笑)
どんよりとした空、むっちゃ曇ってるし~。
そして咳き込むほど空気が悪く、むっちゃ煙たい!

何でやっ?!

ガイドさんに聞いたところ、今朝インドネシアで山火事があったんだって
シンガポールでは1年に一回はこういう日があるらしく、私たちは1年に一回の日に当たったんだと思ったら、ちょっとブルーに

でもホテルに付いて荷物の整理をしてから、気を取り直して夕飯を食べに出かけました
飛行機でお昼を奎都にかなり奪われたので、二人ともお腹が減ってたので、がんがん食べる気満々!

今回の旅はツアー参加で、2日3日目は食事つきですが、初日だけは着いてから全て自由行動となっていました。
なので食事は自分達でいいレストランを探して食べに行かないといけません。
泊まったホテルの近くに、ニュートンサーカスっていうホーカーズ(フードコートという名の屋台)がありました。
うちは子供がまだ小さいし、屋台で食べるのはちょっと不安があったので、ちょっと高くてもちゃんとしたレストランで食べたほうがいいんじゃないかという結論で、今回はこちらは行かずでした。
地元の食べ物に興味深々だし、ガイドさんからも安ウマと評判を聞いてたし、むっちゃ食べたかってんけど

ホテルの前の道をずっと10分ちょい歩くと、オーチャード通りっていう、日本で言う銀座のような繁華街に出ます。
そこでご飯を食べたり、ちょこっと散策もしたかってんけど、うちの子が結構疲れてるっぽかったし、近場のレストランに行きました。
ホテルの隣が、私たちの泊まってるホテルよりちょっと安いホテルで、そこの中華レストランに行くことにしました。
「亜洲金閣海鮮酒家」というお店で、るるぶにおいしいお店として小さく紹介されてたので、どこに行ったらいいか分からなかったし、ちょっと信用してみることに

席に案内されてメニューを見てまたびっくり!
このお店は中華レストランだけあって中国語(方言は何かは区別がつきませんでした)でメニューが書かれていて、さっぱり分かりません
意味不明の感じで書かれた料理名の下に、申し訳程度に英語が書いてありましたが・・・理解は不能
ちょっと私も焦りました。
何を頼んでいいのやらさっぱり分からないんですもん!!

シンガポールは英語福建語が大体通用するらしいんだけど、私たち夫婦そろって英語もろくに分かりません
っていうかこういうときに、英語の出来るダンナだったら、なんて安心できるか、そんでもって尊敬できたか・・・ふぅ。
どっちかっていうと私のほうがまだリスニング出来てましたからっ

とりあえず私も大学の時に北京語は半年だけ勉強してたから、なんとなく食べれそうなものをチョイス。
ダンナが指差しジェスチャーでオーダーしました。

小皿と書かれた項目にあった「脆皮焼紅」
小皿っていうのは前菜っぽい感じの料理だったのかな?
それとも量が少ないという意味でそのまま小皿の料理ということかしら?
オーダーして一番初めに結構早くに運ばれてきました。

20061012151041.jpg


皮がパリパリで香ばしい感じ
中は角煮のように柔らかでした。
見た目よりもこってりしてなかったし、味付けもイケました

そして「北京皮片鴨」
つまり北京ダックですねっ
私もダンナもなんとなく分かった料理名だったし、高いけどこういう機会がないと日本で自分でオーダーすることはないと思ったので奮発しました!

20061012151021.jpg


これで23$。だいたい1700円くらいになるのかな?
普段食べない料理だから安いのか高かったのかも不明。
ワンテーブルにひとり付いてくれる給仕の人が、目の前で皮をはいで春巻きの皮みたいなのにネギと甘辛味噌とともにくるくる巻いてくれました。
日本で一回食べたことあるけど、それに比べたら皮がパリパリで身が付いてなくて、おいしい!
おいしいんだけどね~巻いてくれるのはいいけど、何個ほど出来るねんっ。
ふたりで食べるのは量が多すぎて、これまたびっくり

20061012151104.jpg


そして「黄金海鮮炒飯」
唯一普通にチャーハンだと理解できたメニューです(笑)
やっぱりシメはご飯ものがいるでしょ?!と安易に頼んだものの・・・こちらも量が多かった
ひとり飯に盛ってみたものの。
たっぷりご飯茶碗1杯はあるし、写真には残ってないけど、まだまだ残ってます。

20061012151124.jpg


お味はというと。。。
日本のチャーハンってパラパラした感じがおいしいっていうじゃない?だけどシンガポールのチャーハンはパサパサした感じで、脂っこくって、なんだか粉っぽい感じがしました。
ご飯に艶っぽさは全くなくて、小麦粉を混ぜて炒めた感じであまりおいしくなかったです。
料理名も分かってオーダーした一番安心できる料理だと思ってたのにがっくし
だけど、奎都はもりもり食べてました。

そうそう、食べること命なうちの子は黙って食べてるわけないですよ~(^.^)
レストランで用意してくれたベビーチェアに座って、ぎゃ~ぎゃ~(もっと食べるとか、早く口に入れて~とか)言いながら食べてました。
今回外国の料理を子供に食べさせるのは味付けに不安があったので、1歳からの幼児食というレトルトパックを日本から何箱も持ってきてたので、これを食べさせました。
温めるとおいしいんですが、温めなくてもいいので便利です(^^)
でもやっぱり見てると大人と同じものを食べたがるもんですね。
目で見て理解も出来るように成長したのは喜ばしいことです。
ただの食いしん坊なだけとも言うんだけどねぇ。
もうめんどくさいから、チャーハンも一杯食べさせちゃいました
普段便秘な奎都なのでお腹を壊してもちょうどいい具合のお通じになりそうだし、まぁよっぽどでない限りお腹をすことはないと思うしね。

20061015225113.jpg


お金を払う際にサービス税や消費税やらでかなり高くなったんですが、
これも旅の思い出ということにしました。
お腹一杯でホテルに帰ってオフロに入り、8時頃には奎都は眠りに落ちました。
なんだか「寝た」っていうより、「ぽっくり落ちた」って表現に近い寝方でした(笑)
やっぱり疲れたんだね~(^_^.)
明日も6時起きだし、私たちも9時半頃寝ることに・・・。
やっぱりさすがに、子連れ旅行だと夜は行動が出来ませんでした

∧PageTop


2006-10-11 (Wed)

子連れ☆ぐるぐるシンガポール旅行記~その1~

ただいまっ~!!
みなさんおげんきでしょうか??
昨日無事何事もなく家族3人そろってシンガポールから戻ってきました(^^)

今回、初めて子供を連れての海外旅行
しかもみどころてんこ盛りのハードスケジュールでのツアー参加。
ドキドキしながらワクワク☆
ぐずらないかな?
体調くずさないかな?
親は子供のことを色々考えてましたが、行ってみればなんでも大丈夫なんですね~
のーぷろぶれむ!
うちのこってすばらしく対応能力があるみたいです(←親バカ)

朝11時発のシンガポール航空だったので、9時前に空港に着くようにしました。
そのため6時起きだったけど、奎都は前の日にむっちゃ早く寝てくれたのですんなり起き、朝から素晴らしい食欲でひとり朝食を平らげ、おでかけ。
空港で荷物を預けチェックインした後、出国手続き。
そしていつもなら免税店でお買い物をした後、ヒマな時間をお茶したりしてぼ~と過ごしていましたが、今回は子供がいるのでキッズルームを利用しました

空港に無料で利用できるキッズルームがあるの知ってましたか??
私は今回旅行するに当たって、育児書では定評のある高野さんの本を読んで初めて知りました。

高野優の子連れ地球上陸大作戦 サンフランシスコ編


高野さんの本は漫画で書いてあるし、なかなか面白いのでオススメです
そういう私も本屋で立ち読みしてただけだったんだけど、隣にいた同じ子育て中のママに「この本絶対面白いからオススメですよ」と勧められて読んだのがきっかけです。。。

そしてこの本で空港にキッズルームがあるらしいという情報を仕入れた私は、事前に関空のHPで場所を確認しておいたのでした

小さい部屋でしたが、子供用のテーブルとイスがあったり、外国でよく見られる、ぬくもりのある木のおもちゃやオママゴトセットの半分に切れる果物や、パズルや本があり、奎都も喜んで遊んでいました。
こちらは先生(ベビーシッターさん?)が常駐していて、名前と住所などを記入したら、6歳まで利用が出来るらしいです。
そして、すごいことに離乳食もひとり1箱もらえるんですよ~!
うちはグリコの1歳過ぎの幼児食と紙オムツまで頂きました
紙オムツは天下のパンパース(しかもパンツ式)でございます

赤ちゃんは飛行機の離陸時が心配です。
耳がキーンとなるのが気持ち悪いし、そのままだと鼓膜が破裂してしまったりすることもあると聞きました。
色々な意見があります。

①離陸するときにミルクを哺乳びんであげたらいい。もしくは紙パックジュースをあげる。
②お菓子を食べさしとく。
③水泳用の耳栓を装着しとく。

心配性なパパがいるので耳栓を購入し、さらにお菓子とジュースも座席にスタンバイOK。
飛行機の座席に座った時は座りたくないのか歩き回りたいのかわ~わ~と言ってた奎都でしたが、しょうがないので飛び立つ前にお菓子を食べさせました。
お気に入りの“1歳からのサッポロポテト”を袋からひとつひとつ取り出して食べさせていて、いよいよ離陸・・・
あれれ?奎都のお菓子を持つ手が止まった・・・と思ったら奎都の目が閉じてる・・・食べながら寝てる?!
よその子は眠たかったら、食べながら寝たりするのはアリなんだけど、食べるの命!ごちそう様は大嫌い!なうちの奎都にとってはナシな世界だったんだけど、朝も早起きだったし、キッズルームで大はしゃぎだったので疲れたのかもしれない。
飛行機に乗って飛び立つまさに瞬間にして落ちてしまいました(笑)
旅行での一番な心配ごとだったけど、これものーぷろぶれむでした

そして飛行機が無事離陸し、シートベルトのサインが消えた後、設置してくれたベビーバスケットに寝かして、ほっと一息。
こちらもチェックイン時にオーダーしておきました。
18キロ位(だったけな?)までなら乗せても大丈夫らしいので、オーダーしとくともし使わなくても荷物置き場になったりするのでいいかも。

ちょっと見た目キツそうだけど・・・本人は気にすることなくすやすや
20061011115741.jpg


1時間位ゆっくりテレビを見たり音楽聴いたり、ダンナはスーパーマリオをしたり。
シンガポール航空は機内サービスが充実してるので時間をもてあますことなく過ごせます。

そしてやっとこさ楽しみにしていた昼食の運ばれる時間
朝は奎都は食べさせたけど、私たちは食べる時間がなくお腹ペコペコ
和食とインターナショナルの2種類の機内食でしたが、私は和食をチョイスしました。
最後に日本食とおさらばしとこうと思って
運ばれた機内食はこんな感じ
そばにご飯に、何故かパンも?!
炭水化物多し。

20061011115814.jpg


だけど、やっぱりな展開が。
ゆっくり食事を食べるのは無理でした

運ぶ音とかざわざわした感じに加えていい匂いが鼻を刺激したのか、食べることに敏感な奎都が目を覚ましちゃった!
っていうかマジで?!という感じでした。
しょうがないので、先に食べさせることに。。。

奎都の食事は旅行の申し込み時にベビーフードをオーダーしておきました。
でもちょっとこれは私のミスで、本当に6ヶ月からとかのベビーフードが出てきてしましました
何歳の赤ちゃんかって聞かれなかったし、パスポート見たら1歳すぎてるのは分かるだろうと思ってたんだけど×××
子供用には大人と違ってお子様ランチみたいなのがあるみたいで、それはチャイルドミールとオーダーしないといけなかったようです
大失敗
アテンダントさんが、大人用の機内食が余ってるので用意してくれると言ってくれたんだけど、私たちのパンと煮物のお野菜をあげたり、ジュースや果物を食べて満足したので断りました。

1時間ちょい寝て、ご飯も一杯食べて満足した奎都は活動開始。
座ったり立ったり遊びまくり、ちょっと予想外な動きをされました。
私は機内でゆっくりして体力温存しとこうと思ってたのに、全く目をつぶることもなく、かなりのお疲れモード
ありえへん展開~?!
と思いきや・・・着陸30分くらい前。
疲れきった奎都くんはダッコの状態でまたまたお昼寝してしまいました。
そしてそのまま着陸。。。
離陸も着陸も寝てた奎都でした

と、まぁこんな感じでどたばたと旅行が始まり、ぐるぐるじたばたやっておりました。
シンガポールでの出来事はまだまだ続きます徐々にね!!

∧PageTop



Menu

Calendar

<04   2017-05   06>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Profile

クリック>管理画面

管理人:*りえぴよ*
自家製天然酵母にどっぷりつかり中♪
月1回ペースでパン教室でお勉強。でも相変わらずなへたっぴっ。
ぷいぷいキッチンとはなまるマーケット、料理番組大大大好き。
だけど最近はNHKにチャンネル権を独占されつつあるような・・・。
ガーデニングも初心者だけどがんばってます!

2歳になったけいと、ダックスのフィリオを含む愉快な3人ぷらすワン家族です★9月には第2子出産予定で~す!

*コメント待ってま~す!*

Entries

Category

Archive

Search

Comment

Trackback

Link


ブログランキングに参加してみました!ぽちっと応援お願いします★c_04.gif にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

Information

  • [RSS]

Template

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。